WordPressにおすすめのプラグイン6選!インストール手順も解説します

ブログ準備
スポンサーリンク

本記事ではWordPressのプラグインについて解説しています。

プラグインとは、必要な機能をワードプレスに組み込むことができる便利な機能です。

ワードプレスをよりよく運営するために必要な機能、カスタマイズするために必要な機能が、
プラグインには豊富にあります。

既存の機能では補えない機能をプラグインをインストールすることによって
最適な環境にすることができます。

どのプラグインが必要かは、人によって異なってきますが、
本記事では、よく利用されているプラグイン基本的にいれておいたほうが便利、というプラグインを紹介するとともに、プラグインのインストール方法も解説していますので、これからプラグインを導入しようとしている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

WordPress おすすめプラグイン6選【インストール方法も解説】

ここで紹介する基本のプラグインは以下の6つです。

SiteGuard WP Plugin
Classic Editor
Broken Link Checker
XML Sitemaps
PS Auto Sitemap
Akismet

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Pluginは、セキュリティ対策として絶対入れておきたいプラグインです。

WordPressは世界中で利用者が多く、不正アクセスに狙われやすいです。
不正アクセスからブログを守るためにもぜひ 「SiteGuard WP Plugin」の導入をおすすめします。

日本のセキュリティソフトウェア会社が開発元となっています。
日本の会社なら安心感ありますよね。

siteguard wp plugin のインストール、設定方法はこちらで解説しています。

WordPress不正アクセス対策!サイトガードの設定方法!
サイトガードプラグイン (SiteGuard WP Plugin)のインストール・設定方法について解説しています。ワードプレスの不正アクセスからあなたのブログを守るために、おすすめのプラグインです。

Classic Editor

ワードプレス5.0系 から投稿画面のエディターが変わっています。
旧エディターの「クラシックエディター」から「ブロックエディター」に変更されました。

旧エディターはWordソフトのような感覚で使用できたので、エディターが変更されて使いづらいと感じているユーザーは多いようです。

そこで、Classic Editorというプラグインをインストールすることで、旧エディターに戻すことができます。

キーワードに「Classic Editor」と入力します。

Classic Editorを見つけたら「今すぐインストール」をクリック。

インストールされたら「有効化」ボタンをリックしてください。

プラグイン一覧に 「Classic Editor」が追加されました。

これでClassic Editorのインストールは完了です。

ダッシュボード → 設定 → 投稿設定  でどちらのエディターを使用するか設定できます。

Broken Link Checker

Broken Link Checker は、リンク切れをチェックしてくれるプラグインです。
投稿数が増えれば管理が大変になるので、おすすめのプラグインです。

キーワードに「Broken Link Checker」と入力して検索します。

「今すぐインストール」→「有効化」クリック。

これでBroken Link Checkerのインストールは完了です。

XML Sitemaps

XML Sitemaps(旧:Google XML Sitemaps) は
検索エンジン向けのXMLサイトマップを自動生成するプラグインです。

ブログを検索エンジンに認識してもらうためには、サイトマップは必須です。

XML Sitemaps プラグインを導入することで、
記事の公開や更新の度にサイトマップを自動生成してくれたり、自動で検索エンジンに通知してくれる役割をしてくれるので、インストールしておくといいでしょう。

XMLサイトマップは、Googleサーチコンソールと連携することで効果を発揮しますので、
Googleサーチコンソールに登録していない場合は、先に登録しておきましょう。

※Googleサーチコンソールの登録方法はこちら

XML Sitemaps のインストール、設定方法についてはこちらの記事にまとめています。

2022年・Google XML Sitemapsのインストール・設定方法を解説
Google XML Sitemapsのインストール・設定方法を解説します。

PS Auto Sitemap

サイトマップページを自動生成してくれるプラグインです。
ブログは過去記事が埋もれていってしまうので、サイトマップページを作成しておくとユーザーが読みたい記事を一覧から見つけることができます。
記事が増えるたびに自動で生成してくれるので便利です。

SEO的には必要ないですが、ユーザビリティの観点では作成しておいたほうがいいでしょう。

PS Auto Sitemap インストール、設定方法はこちらの記事にまとめています。

PS Auto Sitemapでサイトマップページを作成する方法
PS Auto Sitemapでサイトマップページを作成する方法を解説しています

Akismet Anti-Spam

「Akismet Anti-Spam(アキスメット アンチスパム)」(以下、Akismet)とは、

スパムコメントを自動的に判別してスパムフォルダに振り分けてくれるとても便利なプラグインです。

WordPressでサイト運営する上で、必ず設定したいプラグインの一つです。

WordPressをインストールするとデフォルトでインストールされています。
Akismetを有効にするには、サイト情報を登録する必要があります。
登録についてはこちらの記事で解説しています。

スパム対策に!Akismetプラグインの登録手順を解説します【図解入り】
スパム対策に必須のプラグイン「Akismet」の登録手順を図解入りで解説します。

以上 WordPressおすすめプラグイン6選 でした。

プラグインを導入したら、
WordPress基本設定をしてブログを整えていきましょう。

記事を投稿する前にやっておきたい!WordPressの基本設定・コクーンでの手順を解説
WordPressをインストール後、記事投稿前にやっておきたい基本設定を説明しています。
タイトルとURLをコピーしました